コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残業手当

ビジネス用語集の解説

残業手当

残業手当とは、法定残業に対して支払われる割増賃金のことをいいます。

労働基準法で定められている1日8時間以内、
週40時間の労働時間を越えて残業を行う場合は、
会社と従業員との間で三六協定が締結されている必要があります。

また越えた時間については25%の割増賃金が支払われることとなっています。
加えて深夜残業の場合はさらに25%、休日労働の場合は35%の割増賃金となります。

出典|転職.jpビジネス用語集について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

残業手当
ざんぎょうてあて

超過勤務手当」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

残業手当の関連キーワードホワイトカラー・エグゼンプションサービス残業日本楽器争議所定内給与所定外給与固定残業代

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

残業手当の関連情報