残業手当(読み)ざんぎょうてあて

ビジネス用語集の解説

残業手当

残業手当とは、法定残業に対して支払われる割増賃金のことをいいます。

労働基準法で定められている1日8時間以内、
週40時間の労働時間を越えて残業を行う場合は、
会社と従業員との間で三六協定が締結されている必要があります。

また越えた時間については25%の割増賃金が支払われることとなっています。
加えて深夜残業の場合はさらに25%、休日労働の場合は35%の割増賃金となります。

出典 転職.jpビジネス用語集について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

残業手当の関連情報