コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

段だら ダンダラ

デジタル大辞泉の解説

だん‐だら【段だら】

いくつにも段になっていること。だんだん。「段だら模様」
段だら縞」の略。
段だら染め」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だんだら【段だら】

太い横縞状にいくつかの色が染め出されたり織り出されたりしていること。また、そのような模様。段だら縞。 「紅白の-の幕」 「第三信は頗る風変りの光彩を放つて居る。状袋が紅白の-で/吾輩は猫である 漱石
いくつも段になっていること。だんだん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

段だらの関連キーワードベッコウカガンボ吾輩は猫であるギフチョウ小六染馬具光彩状袋紅白漱石

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android