コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

段彩 だんさい

大辞林 第三版の解説

だんさい【段彩】

( 名 ) スル
地図で、地形をわかりやすくするために、高度帯ごとに色分けすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の段彩の言及

【地図】より

…とくに,地図上では,地表や海底の凹凸をなんらかの方法で平面上に表現しなければならない。このため,けば,ぼかし,等高線(コンターcontour),段彩などいろいろな手法が考えられ使われている。また一般に地図記号は,それを見て直ちに現地,現物を連想しやすいことが基本であり,地形図における神社の記号(),温泉の記号(♨),学校の記号(文)などはだれもが知っている。…

※「段彩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

段彩の関連キーワードコロプレスマップ海底地形図地形表現等高線人口図地図地形