コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毒のたわむれ

1件 の用語解説(毒のたわむれの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

毒のたわむれ

米国の作家ジョン・ディクスン・カーのミステリー(1932)。原題《Poison in Jest》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毒のたわむれの関連キーワード騎士の盃弓弦城殺人事件恐怖は同じ孔雀の羽根囁く影剣の八墓場貸しますユダの窓夜歩くヴードゥーの悪魔

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone