コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氏宗 うじのそう

世界大百科事典内の氏宗の言及

【氏上】より

…日本古代のの首長。氏長,氏宗ともいわれ,氏を代表して朝政に参与し,その政治的地位によって,氏・姓(かばね)が決定された。大化前代において,氏の首長は氏人をひきい,氏に隷属する民部・部曲(かきべ)を管理し,彼らよりミツギ(調),エタチ(役)を徴収し,その一部を朝廷におさめ,また朝廷における官職を分掌した。…

※「氏宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

氏宗の関連キーワード連署(鎌倉幕府の職名)水野十郎左衛門蘭庭明玉禅尼呉楚七国の乱秋田城介の乱佐々木道誉上毛野永世曹氏宗族墓赤松再興記小笠原持長小笠原氏馬庭念流十河一存土居通増乙巳の変内田五観藤原春景山田弘宗貞観格式北条氏治

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

氏宗の関連情報