水メジャー(読み)ミズメジャー

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

水メジャー

フランスの「スエズ・エンバイロメント」「ヴェオリア・ウォーター」と英国の「テムズ・ウォーター」の3社をさすことが多い。パリやロンドンの都市化が進んだ17~19世紀、市民に安全な飲み水を提供するために上水道整備を目的に設立された企業が前身。下水道を含めた水道業務全般を引き受ける企業として、欧州や南米、東南アジアなどで積極的な事業展開をする。フランスの2社が、世界の民営水道による給水人口の6割を独占するといわれる。GE(米国)やシーメンス(ドイツ)、さらにはシンガポールやスペイン、韓国などの新興勢力も執と世界市場に進出している。

(2009-03-16 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水メジャーの関連情報