コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水平走査周波数 スイヘイソウサシュウハスウ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

水平走査周波数

CRTディスプレー上で、1秒間に描かれる水平方向の線数の割合。水平同期周波数とも呼ぶ。単位はkHz(キロヘルツ)で表され、たとえば30kHzの場合、1秒間に3万本の横線が描画される。この周波数が高いほど、高解像度な画像を表示できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すいへいそうさ‐しゅうはすう〔‐シウハスウ〕【水平走査周波数】

コンピューターなどのディスプレーが1秒間あたりに描画する横方向のラインの数。水平同期周波数。水平スキャンレート

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

水平走査周波数の関連キーワード電子式写植機ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ航空計器精測進入レーダー心臓再同期療法ディスプレー(工学)ライトペングラフィックディスプレイ装置コムFED

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone