コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水戸光圀 みと みつくに

美術人名辞典の解説

水戸光圀

江戸前期の常陸国水戸藩主。家康の孫、頼房の三男。字は子龍、号は梅里。民治に努め、儒学を重んじた。江戸の藩邸彰考館を建てて『大日本史』編纂事業を始め、朱舜水を招くなど、水戸学の基をつくった。のち中納言となり、水戸黄門と呼ばれた。元禄13年(1700)歿、73才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

水戸光圀の関連キーワード契沖旧庵〈円珠庵〉ならびに墓八溝川湧水群佐々木助三郎ひたち竹人形渥美格之進タモト清嵐那須国造碑里見浩太朗神崎(町)越乃梅里キュウリ飯田忠彦村上元三三宅観瀾亀ヶ谷坂安積澹泊安藤為章稲葉正休八溝五水岡本宗好

水戸光圀の関連情報