コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川光圀 とくがわ みつくに

美術人名辞典の解説

徳川光圀

江戸前期の大名。常陸水戸藩徳川家二代当主。家康の孫、頼房の三男。字は子龍、号は梅里。民治に努め、儒学を重んじた。江戸の藩邸彰考館を建てて『大日本史編纂事業を始め、朱舜水を招くなど、水戸学の基をつくった。のち中納言となり、水戸黄門と呼ばれた。元禄13年(1700)歿、73才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とくがわ‐みつくに〔トクがは‐〕【徳川光圀】

[1628~1701]江戸前期の水戸藩主。頼房の三男。諡号(しごう)、義公彰考館を設立して「大日本史」の編纂(へんさん)を始め、社寺の改革、勧農政策を推進した。中納言となり、その唐名黄門(こうもん)から後世、講談師によって水戸黄門として伝説化された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

徳川光圀【とくがわみつくに】

第2代常陸(ひたち)水戸藩主。水戸光圀,水戸黄門とも。水戸藩初代藩主頼房の三子。常山人,梅里と号。諡号(しごう)義公。水戸北郊の西山(せいざん)荘(現常陸太田市)に隠棲し,隠居後は西山隠士。
→関連項目栗山潜鋒黄門後楽園(東京)朱舜水常陸太田[市]水戸藩

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川光圀 とくがわ-みつくに

1628-1701* 江戸時代前期の大名。
寛永5年6月10日生まれ。徳川頼房(よりふさ)の3男。寛文元年常陸(ひたち)水戸藩主徳川家2代となる。殉死を禁止,社寺を整理,水戸の上水道を敷設する。江戸藩邸に史局(彰考館)をたて「本朝之史記」(のちの「大日本史」)の編修を開始し,また明(みん)(中国)の朱舜水(しゅ-しゅんすい)をまねく。元禄(げんろく)3年権(ごんの)中納言。4年藩主の座を兄の讃岐(さぬき)高松藩主松平頼重の子綱条(つなえだ)にゆずり,久慈郡新宿(あらじゅく)村(常陸太田市)の西山荘に隠居。領内巡視,文化財の保護などにつとめた。中納言の唐名「黄門」により水戸黄門の名で知られる。元禄13年12月6日死去。73歳。初名は光国。号は梅里,西山。字(あざな)は子竜。諡(おくりな)は義公。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

徳川光圀

没年:元禄13.12.6(1701.1.14)
生年:寛永5.6.10(1628.7.11)
江戸時代の水戸藩第2代の藩主。初代頼房と側室久子(谷氏)の子。同母兄の頼重が病身のため,6歳のとき継嗣となり,9歳で元服,寛文1(1661)年,父の死により藩主となった。この間,放蕩無頼の行動が多かったが,18歳のとき『史記』伯夷伝を読んで感激し,学問に志すとともに,兄弟の序を知り,のちに頼重(讃岐国高松藩主)の子綱条を養子として,藩主の地位を譲った。頼房の方針を継承して,藩政の整備に努め,水戸城下への上水道(笠原水道)を創設したりした。特に注目されるのは文教政策であって,明暦3(1657)年から『大日本史』の編纂に着手し,寛文12(1672)年には史局を開設して,彰考館と命名した。本書は,漢文の紀伝体による本格的な日本の通史で,光圀が藩の財政支出の3分の1を費やしたと伝えられるのは過大としても,完成するのに明治39(1906)年までかかった大事業である。このため多くの学者を登用し,また家臣を京都などへ派遣して,史料の収集に努めた。さらにこれと並行して,『礼儀類典』などの編纂を進め,また『万葉集』の注釈を計画して,大坂の国学者契沖に依頼し,光圀の援助により,『万葉代匠記』の完成をみた。 光圀の学問は,朱子学を基本とし,『大日本史』の構想にも,その立場から歴史上の人物に対し道徳的評価を明確にしようとする意図があった。その朱子学の立場から,仏教に対してはきびしく,領内の寺院を整理して,ほぼ半数を破却させた。元禄3(1690)年に退隠し,翌日,権中納言に叙任された。在職中に昇任されなかったのは,時の将軍徳川綱吉との不和によると推測される。綱吉の生類憐み令などに対し,光圀は批判的態度を示していたからである。退隠後は,久慈郡太田に近い西山荘に住み,文事に専念したが,元禄7年に家老藤井紋大夫を手討ちにしたのは,その性格の烈しさを物語る。黄門(中納言の唐名)漫遊記は,明治時代の創作で,事実ではない。諡は義公。<著作>徳川圀順編『水戸義公全集』<参考文献>野口武彦『徳川光圀』,『水戸市史』中巻1

(尾藤正英)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とくがわみつくに【徳川光圀】

1628‐1700(寛永5‐元禄13)
江戸中期の大名。水戸藩初代藩主徳川頼房の三男として水戸に生まれる。母は頼房の側室谷久子。家臣の屋敷で養われた。幼名は長丸,のち千代松,9歳で元服のとき3代将軍徳川家光の1字を与えられて光国と名のる。のち50歳代に国を圀に改めた。字ははじめ徳亮,また観之,のち子竜。号は常山,別号は日新斎,梅里,率然(そつぜん),隠居して西山,採薇(さいび)などを用いた。諡(おくりな)は義公。6歳のとき世子に決定し,江戸の水戸藩邸に移り,61年(寛文1)父の死後,34歳で第2代藩主となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とくがわみつくに【徳川光圀】

1628~1700) 江戸前期の水戸藩主。頼房の三男。幼名千代松。字あざなは子竜、号は梅里ばいり。諡号、義公。中納言の唐名黄門により、世に水戸黄門とも。大義名分を重んじて儒学を奨励、彰考館を設けて俊才を招き、「大日本史」を編纂した。希代の名君と賞され「水戸黄門漫遊記」による逸話が広く流布している。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳川光圀
とくがわみつくに

[生]寛永5(1628).6.10. 水戸
[没]元禄13(1700).12.6. 常陸,西山
江戸時代前期の水戸藩主。頼房の3男。母は谷氏。幼名は千代松。字は子龍。号は梅里。諡は義公。寛文1 (1661) 年初代頼房より家督相続。以後,民政を重視し勧農策の実施や士風の高揚をはかり,社寺をきびしく統制。また,学問を好み,明の遺臣朱之瑜 (舜水) を招いて師事した。特に大義名分を明らかにすることに努め,明暦3 (57) 年修史に志して江戸駒込の下屋敷に史館を設けた。のちに小石川に移して彰考館と名づけ『大日本史』の編纂に努力。修史事業は死後も続けられ,のちに水戸学の源流をなした。中納言であったため,その唐名により水戸黄門の名で親しまれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳川光圀
とくがわみつくに
(1628―1700)

江戸前・中期の大名。御三家水戸藩第2代の藩主。幼名は長丸(ちょうまる)、のち千代松(ちよまつ)、元服して名を光国といった。光圀となったのは50歳代後半からである。字(あざな)は、初め徳亮(とくりょう)、また観之(かんし)、のち子竜(しりゅう)。号は日新斎(にっしんさい)、常山人(じょうざんじん)、率然子(そつぜんし)などがあるが、晩年の梅里(ばいり)、西山(せいざん)が有名。義公(ぎこう)は諡(おくりな)である。光圀を理解するには、その生涯を4期に分けるのがもっとも適当であろう。[瀬谷義彦]

第1期

出生と水戸時代。寛永(かんえい)5年6月10日、水戸城下の重臣三木之次(ゆきつぐ)の屋敷で生まれ、6歳で水戸家の世子(せいし)(跡継ぎ)に決定するまで。初代藩主徳川頼房(よりふさ)(家康の第11子)の三男。母は谷久子、諡は靖定(せいてい)夫人。光圀が頼房の子と認められ、水戸城入りをしたのは5歳のころで、その出生は不遇であった。[瀬谷義彦]

第2期

世子の時代。世子に決まり、江戸・小石川の水戸藩邸に移った1633年(寛永10)から61年(寛文1)34歳で藩主となるまでの、およそ28年間。18歳のとき『史記』の「伯夷(はくい)伝」を読んで感動し、学問に目覚め、修史の志をたてるまでは、非行が多く父や家臣らを困らせた。27歳のとき前関白近衛信尋(このえのぶひろ)の娘泰姫(たいひめ)と結婚したが、31歳で夫人を亡くしてからは、生涯後妻を迎えなかった。1657年(明暦3)2月、江戸大火の直後、光圀は史局を江戸・駒込(こまごめ)の中屋敷(東京大学農学部構内)に開設した。修史事業の第一歩である。[瀬谷義彦]

第3期

藩主の時代。34歳から1690年(元禄3)63歳で引退するまでの29年間である。この間、上水道の敷設、士族の墓地の創設、社寺の郊外移転などによって、城下町水戸の整備を図ったほか、小石川邸内に史局を移して彰考館と命名し、全国から学者を招いて、『大日本史』編纂(へんさん)を本格的に進めた。[瀬谷義彦]

第4期

西山時代。引退してから翌年水戸の北方西山の地(常陸太田(ひたちおおた)市)に山荘を建てて、元禄(げんろく)13年12月6日、73歳で没するまでのおよそ10年間。藩主の職は兄の高松藩主松平頼重(よりしげ)の子綱条(つなえだ)に譲ったが、なお政治的には綱条の後見的役割を果たしたほか、『大日本史』の本紀、列伝の完成を目ざして、彰考館を水戸城中にも開き、その結果多くの学者が水戸にも集められ、水戸の学問的発展の基となったこと、盛んに領内を巡り民情視察を行ったこと、とくに文化財の発掘保護に努めたことなどは、晩年の特色である。
 光圀のおもな業績は、父頼房の死に際して殉死を禁じ幕府の殉死禁令に示唆を与えたといわれること、徹底した社寺の改革などが政治的に重要である。文化史上では、『大日本史』など各種の編纂事業、侍塚(さむらいづか)古墳の発掘調査、那須国造(なすくにのみやつこ)碑はじめ多くの文化財の保護に努めたことなど、現代的意義が大きい。世に喧伝(けんでん)される「水戸黄門(こうもん)漫遊記」の類は、光圀の名声をもとに、明治末期から大正にかけて創作されたものであろう。[瀬谷義彦]
『佐藤進著『水戸義公伝』(1911・博文館) ▽名越時正著『新版水戸光圀』(1986・水戸史学会) ▽瀬谷義彦著『水戸の光圀』(1985・茨城新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

徳川光圀 (とくがわみつくに)

生年月日:1628年6月10日
江戸時代前期;中期の大名
1701年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の徳川光圀の言及

【儒葬】より

…最初に儒葬を行ったのは土佐藩の野中兼山で,1651年(慶安4)に母の秋山氏を土葬にして3年の喪に服した。ついで水戸藩の徳川光圀が彼に仕えた儒学者朱舜水(しゆしゆんすい)の意見を聞き,《文公家礼》を基にして《喪祭儀略》を作成し領内での普及を図ったが,光圀の死後,幕府の宗教統制に反することを恐れて再び仏葬に戻された。【阪本 是丸】。…

【西山遺事】より

…水戸藩2代藩主徳川光圀の言行録。光圀に仕えた三木之幹,宮田清貞,牧野和高の3人が,光圀の没した翌1701年(元禄14)に編集。…

【大日本史】より

…神武天皇から南北朝時代の終末すなわち後小松天皇の治世(1382‐1412)までを,中国の正史の体裁である紀伝体により,本紀73巻,列伝170巻,志126巻,表28巻の4部397巻(別に目録5巻)で記述している。この事業に着手したのは2代藩主徳川光圀で,1657年(明暦3)に江戸駒込の藩邸に史局を設け,72年(寛文12)にこれを小石川の上屋敷に移して彰考館と命名し,ここに佐々宗淳,栗山潜鋒,三宅観瀾,安積(あさか)澹泊ら多くの学者を集めて,編纂に従事させるとともに,佐々らを京都,奈良など各地に派遣して,古文書・記録など史料の採訪に努めた(なお光圀隠居後は水戸でも編纂が進められ,のち1829年(文政12)には彰考館は水戸に一本化された)。光圀時代の編纂は本紀と列伝,すなわち伝記的な叙述の部門を中心とし,儒教道徳の見地から人物の評価を定めるところに,その主眼が置かれていた。…

【徳川家康】より

…それらの大部分は史実にもとづくものであるが,1640年(寛永17)ごろから〈東照神君〉〈権現様〉といわれるようになった――それまでは死の直前に任じられた太政大臣の別称によって〈相国(しようこく)様〉と呼ばれていた――家康のイメージは,彼が今川氏の人質から信長,秀吉のあとを受けて最終的に天下を安定させたことにより,良くも悪くも〈忍耐〉を中核としているといえよう。偽作(本来の作者は徳川光圀に比定されている)であることが最近明らかになった,〈人の一生は重荷を負いて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず〉という言葉で始まる〈東照宮遺訓〉が現在でも広く知られていること自体が,このことを物語っている。…

【発掘】より

…しかし,発掘調査とみなされるすべての行為が,この3種類の形をとる情報をことごとく回収することを意図し,実行されるものとは限らない。
[発掘調査の前史]
 日本における発掘調査の嚆矢(こうし)としてよく取り上げられるものに,徳川光圀による1692年(元禄5)の下野国那須郡(現,栃木県那須郡)の上車塚(上侍塚古墳)と下車塚(下侍塚古墳)の発掘がある。光圀はその付近で発見された那須国造碑の報告(1687)に触発され,両古墳を那須国造の墓とみて,墓誌の発見によってその人名を確認することを目ざし,家臣に両古墳の発掘を命じた。…

【牧】より

…弘前藩も昔から牧畜の盛んな土地で,枯木平牧など藩営の馬牧が5ヵ所あった。水戸藩では徳川光圀が1678年(延宝6),常陸国多賀郡大能村(現,高萩市)に牧を置き,牛馬を放牧して〈大能牧〉と名づけ,初めてオランダの馬12頭を入れて繁殖を図り,牧馬は400頭にもなり,牧の地域も多くの村にまたがって広い範囲に及んでいた。西国の薩摩では天文年間(1532‐55)に吉野牧にアラビア馬を輸入して放飼し,唐牧と称していたという。…

【水戸[市]】より

…茨城県中央部にある県庁所在都市。1889年市制。1992年常澄村を編入。人口24万6347(1995)。市域の大半は常陸台地と那珂川沖積地に広がる。主要市街地は,那珂川と千波(せんば)湖にはさまれた台地上の上市(うわいち)と那珂川の沖積低地上の下市(しもいち)とからなる。12世紀末,大掾資幹(だいじようすけもと)が館を置き,佐竹氏の支配を経て近世に水戸藩の城下町となってから大きく発展した。1889年,両地区の接点に常磐線水戸駅が開設されたが,行政中心は上市に置かれ,以後の都市発展は上市が中心となった。…

【水戸藩】より

…常陸国(茨城県)水戸に置かれた親藩で三家の一つ。徳川家康の十一男徳川頼房が1609年(慶長14)常陸下妻城主から水戸に移封され,25万石を領したときに始まる。頼房以前,佐竹義宣が水戸から秋田へ移封された直後に家康の五男武田信吉が,また信吉死後十男頼将(頼宣)が水戸城主の地位にあったが,この2代の間は水戸藩とはいわない。藩主は頼房以後,光圀(みつくに),綱条(つなえだ),宗尭,宗翰,治保,治紀,斉脩,斉昭,慶篤と続き,11代昭武のとき廃藩置県となった。…

【礼儀類典】より

…徳川光圀が霊元天皇の内意をうかがい朝廷の実用に役立てることを目的として編集した総合部類記。930年(延長8)から1533年(天文2)にわたる二百数十部の諸家の日記などを中心にして,恒例・臨時の朝儀公事に関する記事を網羅的に分類集大成したもの。…

※「徳川光圀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

徳川光圀の関連キーワード本格いも焼酎漫遊記光圀卿のおもかげ太田県立自然公園梅里先生行状記黄門ちゃま扶桑拾葉集那須国造碑参考太平記鈴木重時大井広貞小川宗本清水良世日置花木家督相続袋田の滝熊谷宮内湊川神社大串昌徳三宅観瀾潭月和尚

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳川光圀の関連情報