コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永楽の瓜蔓抄 えいらくのつるまくり

世界大百科事典内の永楽の瓜蔓抄の言及

【永楽帝】より

…対外活動だけでなく,文化事業についても,徹底的に大規模かつ壮大であったわけであるが,永楽帝の治世は,外面的な華やかさのかげに,いくつかの暗黒部分をともなっていた。靖難の変後,建文帝側近の重臣とその家族にとられた一族誅滅の処置は,〈永楽の瓜蔓抄(つるまくり)〉とよばれ,後世から残虐ぶりを非難されている。また,簒奪者のうしろめたさで,血縁も官僚も信じられなかった永楽帝は,側近の宦官を重用した。…

※「永楽の瓜蔓抄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

永楽の瓜蔓抄の関連キーワード永楽帝

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android