コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江岑夏書 こうしんげがき

大辞林 第三版の解説

こうしんげがき【江岑夏書】

江岑(千宗左)の覚書。寛文3年(1663)成立。父の千宗旦よりの聞書を中心に、利休以来の茶の湯について書き留めたもの。江戸初期の茶道の重要史料。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

江岑夏書の関連キーワード千宗左(せんのそうさ)千宗左(4代)利休七哲山科宗甫千宗旦千宗左表千家茶の湯茶道聞書覚書

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android