コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸無宿 えどむしゅく

世界大百科事典内の江戸無宿の言及

【寺泊[町]】より

…上杉景勝は港町の重要性にかんがみ直轄領として支配し,兵糧米の運送を命じた。近世になり幕府が出雲崎に代官所を置き,佐渡運上金銀揚陸港と定めてから越佐航路の主役は出雲崎に譲ったが,近世後期には佐州三路の一つ三国通りを経た江戸無宿が寺泊から佐渡に送られた。また新潟港の水深が浅くなったため諸国廻船の寄港が増加し,中越後の玄関として米穀を移出し,塩,海産物,鉄などを移入した。…

※「江戸無宿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android