コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸褄後がかり えどづまうしろがかり

世界大百科事典内の江戸褄後がかりの言及

【江戸褄】より

…鳳凰,鶴亀,松竹梅,牡丹などの有職文様や吉祥柄を友禅とししゅうで両褄にあらわした模様が,前身ごろを中心に大きく脇縫を越えた模様に変わったのは,裾を引かずお端折(はしより)にする着装方法による。これを大江戸褄,江戸褄後がかりと呼んだ。模様の変化にしたがって現在では留袖と名称が変わり,本来の江戸褄模様は,芸者の座敷着としてわずかに残る。…

※「江戸褄後がかり」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android