コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池永一峰 いけなが いっぽう

朝日日本歴史人物事典の解説

池永一峰

没年:元文2.7.19(1737.8.15)
生年:寛文5(1665)
江戸前期の篆刻家。名は栄春,字は道雲,通称は有右衛門。一峰,市隠,山雲水月主人などと号した。本姓は新山氏。江戸本町の薬種商池永氏の養子となった。江戸の人。榊原篁洲に学び,特に篆書,篆刻をよくし,江戸における篆刻の隆盛のもとを開いた。細井広沢,荻生徂徠と親交があり,また平家琵琶をたしなんだという。印譜の『一刀万象』はことに有名であり,著に『篆海』『篆髄』『連珠篆文』などがある。<参考文献>中田勇次郎編『日本の篆刻』,三村清三郎『近世能書伝』

(北川博邦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

池永一峰の関連キーワード池永道雲

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android