コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田徳右衛門 いけだ とくえもん

朝日日本歴史人物事典の解説

池田徳右衛門

没年:享保12.3.12(1727.5.2)
生年:生年不詳
江戸中期の美作国(岡山県)山中一揆の指導者。真島郡仲間村の牧分(真庭郡湯原町)の人。享保11(1726)年,津山藩の年貢増徴の強行と,村役人の不正に対し,約4000人の農民が蜂起。徳右衛門は総大将格として,一揆の指導に当たり,村役人宅打ちこわしが行われた。藩役人は増徴中止などを約束したが,翌年,津山藩は武力弾圧を強行し,多数の農民が処刑された。徳右衛門は,津山城下西辺の河原で磔刑にされた。墓は徳右衛門御前と呼ばれ,頭痛によく効くとされ,刀が奉納される習慣がある。<参考文献>『岡山県史近世Ⅱ』

(三宅紹宣)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

池田徳右衛門の関連キーワード牧分徳右衛門

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android