コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沓取りの儀 くつとりのぎ

世界大百科事典内の沓取りの儀の言及

【履物】より

… 履物は婚姻儀礼において縁結びの役割も古くから果たしていた。平安時代の貴族社会では,〈沓取り(くつとり)の儀〉といって,婚姻の日から3日間女の両親が婿のはいてきた沓を抱いて寝る風習があった。男が永く娘の元に通ってくれることを願ったものといわれる。…

※「沓取りの儀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android