コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河北新道教 かほくしんどうきょう

世界大百科事典内の河北新道教の言及

【道教】より

… なお,全真教の成立した金・元時代の河北ではまた,劉徳仁による大道教(のちに〈真〉字を加えて真大道教),蕭抱珍による太一教(道)などが創立され,全真教と同じく庶民社会に信徒を獲得し,三教一致の平易な実践倫理を説いた(三教一致論)。しかし,これらのいわゆる河北新道教は,神学教理もしくは思想哲学としては,《雲笈七籤》における道教のそれとまったく異質ではなく,前者がその重層構造のなかに立体的に組み込んでいた〈道の教〉としての仏教と儒教とを三教一致という形で並列化し,平面化し,もしくは簡略化してきている。全真教が重視する《般若心経》や達磨の禅教や《孝経》《中庸》などの儒教経典にしても,これらはすでに《雲笈七籤》における道教の神学教理のなかに取り入れられており,それらを庶民社会の宗教的な実践倫理として簡素化し,単純化しているのである。…

※「河北新道教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

河北新道教の関連キーワード陳垣

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android