河原細工(読み)かわらざいく

世界大百科事典内の河原細工の言及

【細工】より

…江戸時代にかけて,武具や馬具,細かい調度,道具を作る職人がふつう細工とよばれ,江戸幕府も若年寄に属する細工所をもち,細工頭,細工方改役,細工所組頭などの役職を置き,こうしたものを細工に製作させた。 一方,南北朝期に入ると,〈裏無〉(草履)を所役()として祇園社に属し,ときに処刑された人の首を処理する〈河原細工〉が現れる(《八坂神社記録》)。〈四条河原細工丸〉あるいは単に〈細工丸〉といわれることのあったこれらの人々は,河原者とも重なっていた。…

※「河原細工」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android