コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油を流したよう アブラヲナガシタヨウ

デジタル大辞泉の解説

油(あぶら)を流したよう

海・などの水面が、が立たず穏やかなさま。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あぶらをながしたよう【油を流したよう】

海などの水面が波もなく平らであるさま。 「 -な海」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

油を流したようの関連キーワード油・脂・膏印象主義風浪階級油壺湾とろみ丹毒流す油壺潮目油凪瀞む碧油瀞み油風

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android