水面(読み)すいめん

精選版 日本国語大辞典「水面」の解説

すい‐めん【水面】

〘名〙 水の表面。水のおもて。水上。みなも。みのも。
※菅家文草(900頃)一・臘月独興「氷封水面聞無浪、雪点林頭見有花」
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉四「浮かび出した藻は水面(スヰメン)で白い花をもつ」 〔白居易‐銭塘湖春行〕

み‐な‐も【水面】

〘名〙 (「な」は「の」の意) 水のおもて。すいめん。みのも。
※天地有情(1899)〈土井晩翠〉冬の思ひ「グラスメヤアの水面(ミナモ)にも うつる此世の影見れば」

み‐の‐も【水面】

※散木奇歌集(1128頃)秋「濁りなきみのもに月の宿らずはいかであさぢの数を知らまし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「水面」の解説

すい‐めん【水面】

水の表面。みなも。「水面に浮かぶ」「水面が盛り上がる」
[類語]水面みなも水上水中水際水辺川辺葦辺河川大河大江江河大川おおかわ大川たいせん小川細流山川谷川渓流せせらぎ流れ川面どぶ川氷河川面かわづら

み‐な‐も【面】

水の表面。すいめん。「水面をわたる風」
[類語]水面すいめん水上水中水際水辺川辺葦辺河川大河大江江河大川おおかわ大川たいせん小川細流山川谷川渓流せせらぎ流れ川面どぶ川氷河川面かわづら

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android