沿アムール文化(読み)えんあむーるぶんか

世界大百科事典内の沿アムール文化の言及

【ナナイ族】より

…ナナイ語はツングース・満州語派に属し,隣接するウリチ,オロチ,ウデヘ,オロッコ各族の言語と一グループを構成する。生業や文化の面でもこれらの諸族に共通のいわば〈沿アムール文化〉をもつ。すなわち,川岸や中島での定住集落,サケ・マス漁を中心とする狩漁採集経済,干魚(ユッコラ)を主食とする魚食生活,丸木舟や犬ぞり,夏の家と冬の家(竪穴住居),氏族(ハラ)組織,アニミズムとシャマニズム,熊と虎の神聖化,射日神話などである。…

※「沿アムール文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android