コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泉津 いずみつ

世界大百科事典内の泉津の言及

【木津[町]】より

…【松原 宏】
[歴史]
 木津川の南岸に臨み,古代において奈良へ運ばれる木材は,宇治津から巨椋(おぐら)池を経て木津川をさかのぼり,木津で陸揚げされた。木津川は古代には泉河とよばれ,木津は泉津,泉木津と称され,東大寺をはじめ奈良の寺院はこの地に木屋を設けた。北岸には行基によって泉橋寺が建てられ,橋が架けられたが,《三代実録》には,川の流れが急なため橋梁が破壊されやすく,洪水のたびに通行が不能となったと記している。…

※「泉津」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

泉津の関連キーワード島根県大田市温泉津町温泉津東京都立大島公園椿資料館石見銀山遺跡と文化的景観日本のおもな植物園日本のおもな動物園大島(東京都)大島(東京)温泉津[町]温泉津〈町〉石見銀山遺跡島根県大田市浅原 才市温泉津温泉速玉之男神大島(町)大田(市)西廻海運吉川経家中国地方河村瑞賢

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

泉津の関連情報