コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木津川 きづがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木津川
きづがわ

京都府南部を流れる川。淀川水系の一部。三重県西部と奈良県北東部を流れる名張川伊賀川が,京都府南東端の南山城村で合流し,木津川となる。西流したのち木津からは北方へ向い,八幡市大山崎町の間の狭隘部で宇治川,桂川と合流し淀川となる。水源から淀川となるまでの全長約 89km。近世には水運が活発で,笠置,加茂,木津は河港としてにぎわい,木材運搬が多かった。上流部では花崗岩砂礫の流入が多く,下流部では古くからしばしば洪水が発生し,自然堤防や天井川がみられる。

木津川
きづがわ

大阪市内を流れる旧淀川の分流の一つ。中之島西端,西区土佐堀通りから分流して南流し,河口近くで西に転じて,大正区船町で大阪湾に注ぐ。長さ 10km。上流沿岸には倉庫,運輸施設が並び,下流にいくに従い重化学工場が増し,特に大規模な造船所が多く,木津川造船業地区をなす。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きづ‐がわ〔‐がは〕【木津川】

三重県の鈴鹿(すずか)山脈南部に発し、京都府南部を流れて八幡(やわた)市で淀川に注ぐ川。

きづがわ【木津川】[京都府の市]

京都府南端にある市。1980年代に京都府・大阪府・奈良県にまたがる関西文化学術研究都市の一部として開発が進む。平成19年(2007)3月、山城町・木津町・加茂町が合併して市制施行。官民の研究機関が多い。人口7.0万(2010)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

木津川【きづがわ】

京都府南部を流れる淀川の支流。長さ99km。上流の伊賀川と名張川が合流し木津川となる。木津川市で北流し,京都盆地南部にはんらん原をつくり大山崎で淀川に合する。木津川市から上流は砂の流入が盛んで,洪水の原因となる。
→関連項目井手[町]大阪[市]巨椋池笠置[町]笠置山地加茂[町]木津[町]木津川[市]京都[府]京都盆地久御山[町]住之江[区]精華[町]薪荘田上杣西[区]山城[町]和束[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きづがわ【木津川】

三重県の伊賀地方から京都府の南山城地方を流れて淀川に入る川。幹川流路延長89km,全流域面積1663km2。伊勢と伊賀の境界をなす布引山地に源流を発し,前深瀬川,久米川を合わせて上野(伊賀)盆地に入り,柘植(つげ)川,服部川を合わせて西流する。この付近を伊賀川とも呼ぶ。次いで名張川,大和高原から北流する布目川,白砂川,信楽(しがらき山地からの和束(わつか)川などを合流させ,京都盆地南部に入る。木津町から河床こう配は緩くなり広いはんらん原を作って北流し,八幡(やわた)市橋本で宇治川桂川と合流して淀川になる。

きづがわ【木津川】

淀川下流の分流の一つで,大阪市西部を流れる。旧淀川の大川につづく土佐堀川とは中之島西端で分かれて西区を貫流し,道頓堀川を合わせ,尻無川を分岐させ,さらに南流して大阪湾に入る。延長11.8km。江戸時代には安治川とともに大坂に入港する諸国廻船の船着場となり,河口付近では加賀屋,恩加島などの新田開発が進んだ。明治後期から着手された大阪港整備工事に伴って,木津川は大阪港の補助的役割を果たす内港となり,1916年に築港地区と木津川を結ぶ木津川運河が完成すると,これに沿って鉄鋼,機械,化学,セメントなどの工場が立地し,さらに第1次大戦後は多くの造船所が木津川左岸に進出し,臨海工業地区が形成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きづがわ【木津川】

京都府南部を流れて淀川に注ぐ川。上流は三重県伊賀盆地を流れる伊賀川・名張川などで、笠置町付近より下流を木津川と呼ぶ。
京都府南部の市。奈良県との境に位置し、市の中心部を木津川が流れる。古くから木津川水運の要地として栄え、現在も交通網が発達する。京都・奈良・大阪の近郊都市として人口増加が著しい。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕木津川(きづがわ)


三重県西部から京都府南部を流れる川。1級河川(淀(よど)川水系)。延長99km。布引(ぬのびき)山地の青山(あおやま)高原に源を発し、上野(うえの)盆地を北西流して京都府に入り、名張(なばり)川と合流。京都盆地南部から北流して淀川に合流する。奈良時代から近代の鉄道開通時まで水運が盛んだった。古くから洪水が頻発したため、明治期に下流の河道改修工事、第二次大戦後に名張川などでのダム建設が行われた。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の木津川の言及

【南山城[村]】より

…笠置山地の東部に位置し,村域の大半が山地である。伊賀盆地から西流してきた伊賀川と,大和高原を北流してきた名張川が,中央部の夢絃峡で合して木津川となり,西流して笠置町に入る。近世は大和柳生藩領で,北大河原は木津川舟運の物資集散地であり,京と伊賀を結ぶ街道も通じていた。…

※「木津川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

木津川の関連キーワード京都府木津川市加茂町大野一町久保京都府木津川市加茂町法花寺野京都府木津川市加茂町北下手京都府木津川市加茂町観音寺京都府木津川市山城町神童子京都府木津川市加茂町北大門京都府木津川市加茂町東小上京都府木津川市加茂町南大門京都府木津川市加茂町南下手京都府木津川市加茂町井平尾京都府木津川市山城町北河原京都府木津川市加茂町東小下京都府木津川市加茂町勝風京都府木津川市加茂町尻枝京都府木津川市加茂町河原京都府木津川市加茂町奥畑京都府木津川市加茂町岡崎京都府木津川市加茂町高去京都府木津川市加茂町高田京都府木津川市山城町椿井

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木津川の関連情報