コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波連 はれん

大辞林 第三版の解説

はれん【波連】

〘物〙 偏りが同じで、位相的にもつながっているとみなせる一かたまりの波。通常の光は、さまざまな偏りをもったごく短い波連の光波が集まってできているが、レーザー光は偏りがそろった長い波連をもつ光である。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の波連の言及

【光】より

…光の場合,干渉性のきわめてよいレーザーを除けば,同一の光源の同一点から放出される光を分け,光路差があまり大きくない範囲でそれらを重ね合わせるのでなければ干渉縞はできない。ひとつながりの波を波連というとき,光源の1点からは相互に位相の関係がまったく不規則なきれぎれの波連が放出され,観測される光は,光源の異なる点から放出されるこのような波連の多数の重ね合せであるからである。一つの波連の長さは通常1m以下,継続時間にして3×10-9秒程度で,この分だけ振動数が不確定となり,スペクトル線の自然幅の原因になる。…

※「波連」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

波連の関連キーワードドラマアカデミー賞阿波連 本啓五十狭茅宿禰阿波連 明美火星探査機レーザー光渡嘉敷島無線報時渡嘉敷村谷那庚受波連彩菜ゾンド古事記バレン地下鉄欄間薬師光波恵日忌寸

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android