破竹の勢い(読み)ハチクノイキオイ

  • の 勢(いきお)い
  • はちく
  • 破竹
  • 破竹(はちく)の勢い

精選版 日本国語大辞典の解説

(竹は、一節割れ目を入れると、次々に割れて行くところから) 猛烈な勢いで進むこと。また、勢いが盛んで押さえがたいこと。
※三代実録‐元慶二年(878)四月二八日「速施破竹之勢、勿反水之悔
※東京朝日新聞‐明治三八年(1905)三月二二日「我軍は今回の大勝に引続き破竹の勢を以て北進するより」 〔北史‐周高祖紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

猛烈な勢いでものごとが進むことのたとえ。また、勢いが盛んで押さえがたいことにいう。

[使用例] 都に程なき信濃には、木曾の次郎が兵を起して、ひょうえのすけと相応じてその勢い破竹の如し[高山樗牛*滝口入道|1894]

[使用例] 昭和四十三年に船橋ジムからデビューし、第一戦を第一ラウンドのノックアウト勝ちで飾って以来、破竹の勢いで連勝記録を伸ばしていった[沢木耕太郎*一瞬の夏|1981]

[由来] 「晋書伝」に載せる話から。二八〇年、中国の北部を支配していた西せいしん王朝の軍は、南部の王朝に攻め入り、都の近くにまで迫りました。しかし、折しも蒸し暑い雨季にさしかかるころ、指揮官たちの多くは、疫病への恐れから、涼しくなるのを待ってもう一度、攻め込もうという意見。そんな中、杜預という将軍だけは、このまま攻め進むことを主張します。「今の勢いならば、残りの戦いは『たとうれば破竹の如し(たとえるなら竹を割るようなものです)』。刃を差し入れて、数節だけ裂け目を入れれば、あとは一挙に割れてしまうでしょう」。戦いは彼の言うとおりに進み、晋は呉を滅ぼすことができたのでした。

[解説] ❶杜預は、歴史書の「春秋左氏伝」を愛読し、博学で知られた武将。豊富な歴史の知識を生かして、情勢をきちんと判断できたのです。まさに知勇兼備の名将と言えるでしょう。❷本来は、最初に力を加えるだけで、あとはたやすくものごとが進んで行くことを表します。しかし、現在では、竹が割れるときの勢いのよさに重点を置き、猛烈な勢いでものごとが進行することを指して使われています。

〔異形〕勢い破竹のごとし/破竹の進撃。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

破竹の勢いの関連情報