泥海古記(読み)どろうみこうき

世界大百科事典内の泥海古記の言及

【中山みき】より

…72年教部省が設置され組織的な上からの国民教化が実施されると,民間の宗教はきびしい圧迫をうけるようになり,みきも前後18回にわたって検挙・勾留されたが,神業をはばむ〈高山〉(権力者)の暴圧にはげしい怒りをもやし,〈谷底〉の民衆が救われる刻限の切迫をうったえつづけた。人間世界の創造を説きあかした〈こふき(〈泥海古記〉)〉の神話をまとめ,創造の聖地とする中山家の地,〈ぢば〉に〈かんろだい〉の建設をすすめた。82年警官が襲い建造中の〈かんろだい〉の石材を持ち去ったが,みきは弾圧に屈しなかった。…

※「泥海古記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android