コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泥鰌打ち ドジョウウチ

デジタル大辞泉の解説

どじょう‐うち〔どぢやう‐〕【泥鰌打ち】

夏の夜、ドジョウ灯火で誘い出し、棒の先に釘をつけた道具で突きさして捕らえること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どじょううち【泥鰌打ち】

夏の夜、溝などにいるドジョウを漁火で誘い、竹や木の先に多数の針をつけた漁具で刺して捕まえること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

泥鰌打ちの関連キーワード漁具漁火

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android