コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泳鐘 えいしょう

大辞林 第三版の解説

えいしょう【泳鐘】

腔腸動物のクダクラゲ類の群体を構成する個虫の一型。クラゲのような構造をしており、傘を収縮して群体を移動させる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の泳鐘の言及

【ヒドロ虫】より

…傘の内側に沿って縁膜(えんまく)という狭い膜があり,これがヒドロクラゲの大きな特徴になっている。カツオノエボシ(イラスト)やバレンクラゲなどのクダ(管)クラゲ類は,上端に泳鐘(えいしよう)といううきがあり,その下部はいろいろな機能をもったポリプによって構成されている。高さ5cmほどのクダウミヒドラが海水中の漁網や諸施設に密生して害を与えることがあり,またカツオノエボシ,カギノテクラゲなどは強い刺胞毒で水泳している者を悩ます。…

※「泳鐘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

泳鐘の関連キーワードバレンクラゲ(馬簾水母)ヒノマルクラゲアイオイクラゲヨウラククラゲフタツクラゲバレンクラゲヒトツクラゲバテイクラゲボウズニラクダクラゲ腔腸動物管水母群体