派譜(読み)はふ

世界大百科事典内の派譜の言及

【族譜】より

…李朝中期に両班(ヤンバン)のあいだで族譜は急速に普及するが,その背景には,父系血縁観念の浸透とこれに伴う階級や党派の形成,祖先祭祀・相続などの制度の確立があった。姓氏と本貫(一族のおこったとされる地)を同じくする父系親族のうち,有力な人物を派祖とする子孫によって25~30年ごとに編纂される派譜と,すべての派を網羅した大同譜とがある。族譜には,序文につづき,まず一族中傑出した人物の事績や墓碑文,上世代祖先の墓や祖廟の所在図が記載される。…

※「派譜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android