コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮かれ鳥 ウカレドリ

デジタル大辞泉の解説

うかれ‐どり【浮かれ鳥】

まだ夜が明けないのに、浮き立つように鳴く鶏。
「なぞもかく人の心の―別れもよほす声をたつらん」〈万代・恋三〉
夜、ねぐらを離れて、浮かれ歩く鳥。
「月は出でてもうば玉のよるべ定めぬ―」〈謡・藤〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うかれどり【浮かれ鳥】

夜が明けないうちから浮かれたように鳴き出す鶏。 「なぞもかく人の心の-/万代集」
夜、ねぐらを離れて浮かれ飛ぶ鳥。 「よるべ定めぬ-/謡曲・藤」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

浮かれ鳥の関連キーワードねぐら

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android