コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮動小数点コプロセッサー ふどうしょうすうてんこぷろせっさー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

浮動小数点コプロセッサー

浮動小数点による数値演算を行なう専用のプロセッサー。「co」は「協調」を意味する接頭辞。 386当時はCPUとは独立したチップとしてシステムに追加するようになっていたが、486以降はCPU内部にこのコプロセッサーを含むものが一般化した。この専用プロセッサーにより、グラフィックス処理などで発生する浮動小数点演算を高速に行なえるようになる。ただしワードプロセッサースプレッドシートなどの一般的なビジネスアプリケーションでは、処理のほとんどが整数演算で、浮動小数点コプロセッサーの効果は小さい。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふどうしょうすうてん‐コプロセッサー〔フドウセウスウテン‐〕【浮動小数点コプロセッサー】

floating-point coprocessor》⇒エフ‐ピー‐ユー(FPU)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

ふどうしょうすうてんコプロセッサー【浮動小数点コプロセッサー】

FPU

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

浮動小数点コプロセッサーの関連キーワード486DXCyrix486SX387287

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android