コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海のシルクロード

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

海のシルクロード

欧州から東アジアへと至る航海路で、陸のシルクロードに対して呼ばれる。聖武天皇(701~756)の遺愛品などを納めた正倉永奈良市)にはペルシャ風の水差しなどがあり、軽量の宝物は陸路が使われたとみられる。海のシルクロードは重い物資の大量輸送に適し、中国の絹や陶磁器、インドの象牙、香料などが運ばれたとされる。

(2009-07-04 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典内の海のシルクロードの言及

【インド洋】より

…【堀越 増興】
[インド洋をめぐる歴史]
 インド洋北部を通るいわゆる南海路は,中央アジアを通る西域路(シルクロード)と並んで古来東西交通の二大幹線をなしてきた。その意味で南海路は〈海のシルクロード〉ともいえよう。実際,南海路もまた重要な絹の輸送路であった。…

※「海のシルクロード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

海のシルクロードの関連キーワード伊万里市陶器商家資料館S.E.N.S.髙さき正治中国脅威論勝木ゆかり庄野英二深浦昭彦

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海のシルクロードの関連情報