コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海のシルクロード

1件 の用語解説(海のシルクロードの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

海のシルクロード

欧州から東アジアへと至る航海路で、陸のシルクロードに対して呼ばれる聖武天皇(701~756)の遺愛品などを納めた正倉永奈良市)にはペルシャ風の水差しなどがあり、軽量の宝物は陸路が使われたとみられる。海のシルクロードは重い物資の大量輸送に適し、中国の絹や陶磁器インドの象牙、香料などが運ばれたとされる。

(2009-07-04 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

世界大百科事典内の海のシルクロードの言及

【インド洋】より

…【堀越 増興】
[インド洋をめぐる歴史]
 インド洋北部を通るいわゆる南海路は,中央アジアを通る西域路(シルクロード)と並んで古来東西交通の二大幹線をなしてきた。その意味で南海路は〈海のシルクロード〉ともいえよう。実際,南海路もまた重要な絹の輸送路であった。…

※「海のシルクロード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海のシルクロードの関連情報