コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海の牧草 うみのぼくそう

世界大百科事典内の海の牧草の言及

【カタクチイワシ(片口鰮∥片口鰯)】より

…近年の飼育技術の進歩につれて,各地の水族館でも展示が行われ,キラキラとうろこを輝かせ,群れをなして身を翻す光景を見ることも可能になった。海の牧草の名で呼ばれるように一生を通して多くの魚の餌となり,海の食物連鎖の中で重要な位置を占めている。 日本のカタクチイワシは,九州西岸,日向灘から瀬戸内海,三重から房総半島,日本海の4系群が存在する。…

※「海の牧草」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

海の牧草の関連キーワードカタクチイワシ(片口鰮∥片口鰯)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android