コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海外移住事業団法 かいがいいじゅうじぎょうだんほう

世界大百科事典内の海外移住事業団法の言及

【移民】より

…戦後は1952年のサンフランシスコ講和条約締結後,ブラジルをはじめ南米諸国と移民協定が結ばれたが,国内産業の発展により,実績は戦前よりずっと少ない。さらに,発展途上国へ産業協力要員を送るため海外移住事業団法が制定され(1963),政策的にも移民は変質したとみることができよう。さらに同事業団は海外技術協力事業団などと統合され,1974年国際協力事業団に改組改称された。…

※「海外移住事業団法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android