コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海洋法会議 かいようほうかいぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海洋法会議
かいようほうかいぎ

国連海洋法会議」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の海洋法会議の言及

【海洋法】より

… こうした状況に歯止めをかけ,海洋法秩序の再建を図る役割を担ったのが,戦後世界に新たに登場した国際連合であった。すでに,国連国際法委員会は49年以来海洋法条約の原案作成に当たっていたが,56年には成案を得て,これを基礎として,58年に国連主催の第1次海洋法会議がジュネーブで開催された。86ヵ国が参加して討議した結果,〈領海及び接続水域に関する条約〉〈公海に関する条約〉〈漁業及び公海の生物資源の保存に関する条約〉〈大陸棚に関する条約〉の4条約が採択された。…

【国際漁業】より

…1958年の第1次海洋法会議および60年の第2次海洋法会議で,それまで慣習法として発展してきた〈海洋自由〉の原則が法典化された。しかし,67年国連でマルタの大使が深海海底とその資源を〈人類共同の財産〉として国際的に管理すべきことを提唱したことに端を発し,海洋法一般について総合的に見直すため,73年に第3次海洋法会議が開催された。…

※「海洋法会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

海洋法会議の関連キーワード漁業及び公海の生物資源の保存に関する条約E.L. リチャードソンジュネーブ海洋法四条約公海生物資源保存条約国連地球シリーズ会議海底平和利用委員会パトリモニアルシーガルシア・ロブレス国際連合海洋法条約公海に関する条約海洋法国際会議排他的経済水域国連海洋法条約トミー コーUNCLOS地理的不利国母川国主義大陸棚条約開発途上国抑止の原則