コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海老屋六兵衛 えびやろくべえ

世界大百科事典内の海老屋六兵衛の言及

【清水六兵衛】より

…その生涯を京都清水焼の振興と日展陶芸の発展に捧げ,三彩流泑(りゆうよう),玄窯,銹泑,紫藍泑,紅斑泑,古稀彩,銀白泑など彼独自の作風や釉調を開発している。ちなみに,清水家は1771年(明和8)海老屋清兵衛の門弟栗太郎が,京都五条坂に築窯して海老屋六兵衛と名乗り,愚斎(1738‐99)と号して初代となり,その後は2代静斎(1790‐1860),3代祥雲(1822‐83),4代六居(1848‐1920),5代六和(1875‐1959)と続く。清水の姓は3代から名乗った。…

※「海老屋六兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報