コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

液安 えきあん

大辞林 第三版の解説

えきあん【液安】

液体のアンモニア。常温であれば8.5気圧、常圧ならば摂氏マイナス33.8度以下で存在する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の液安の言及

【アンモニア】より

…密度は0.771g/l(0℃,1気圧),空気の0.597倍で,拡散しやすい。圧縮,冷却により簡単に液化して液体アンモニア(工業的には液安ともいう)となる。気体は吸着,凝縮しやすい。…

【液体アンモニア】より

…液安ともいう。強いアンモニア臭を有する無色,流動性の液体。…

※「液安」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

液安の関連キーワード液体アンモニアアンモニア製品アンモニア常温常圧液体

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android