コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

液面燃焼 えきめんねんしょう

世界大百科事典内の液面燃焼の言及

【燃焼】より

… これらの表面に沿った燃え広がりは,液体や固体の場合には火炎が可燃物の端に達すると全面的な燃焼に移る。石油貯槽の火災や木造建物の火災はこの状態であり,とくに可燃物が液体のとき,この燃焼形式は液面燃焼またはプール燃焼と呼ばれる。これらの燃焼は規模が大きくなると火炎が乱れ,炭素数の多い可燃物では多量のすすを生成する。…

※「液面燃焼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

液面燃焼の関連キーワード石油火災

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android