コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水長孺 しみず ながちか

2件 の用語解説(清水長孺の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

清水長孺

儒学者。尾張生。通称平八・正介、字は仲和、号は彩川外史・雷首・貉翁。沖安海に国典を学び伊勢神戸藩に仕える。著書に『蜑烟焦余』等がある。天保8年(1837)歿、80才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水長孺 しみず-ながちか

清水雷首(しみず-らいしゅ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

清水長孺の関連キーワード秦鼎奥田桐園宇津木益夫早斯尹丹羽盤桓子多賀谷向陵長谷川鶴洲吉田桃樹山崎稼翁斎藤抱山

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone