清水長孺(読み)しみず ながちか

美術人名辞典の解説

清水長孺

儒学者。尾張生。通称平八・正介、字は仲和、号は彩川外史・雷首・貉翁。沖安海に国典を学び伊勢神戸藩に仕える。著書に『蜑烟焦余』等がある。天保8年(1837)歿、80才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android