コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

測位 そくい

大辞林 第三版の解説

そくい【測位】

位置を測定すること。 「無線-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

そく‐い〔‐ヰ〕【測位】

現在位置を測定すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の測位の言及

【航行衛星】より

…航海衛星ともいう。観測者(船や航空機など)の位置の測定(測位という)を援助するための人工衛星で,人工衛星を使った測位方式を航行衛星システムと呼ぶ。 航行衛星の開発は,ソ連のスプートニク1号の発信する電波の周波数が,ドップラー効果によって変動することに着目したアメリカのジョンズ・ホプキンズ大学とアメリカ海軍により行われ,1960年には最初の航行衛星トランシット1B衛星が打ち上げられた。…

※「測位」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

測位の関連キーワードインドアポジショニングシステム屋内ポジショニングシステム地理空間情報活用推進基本法空中測定システム(AMS)スタンドアローンGPS全地球航法衛星システム準天頂衛星システム全地球測位システム屋内測位システム衛星測位システムヘディングアップ衛星航法システム測量船(船舶)航行・測位衛星GLONASSGNSS測量精密誘導兵器GPS気象学GPS波浪計電子コンパス

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

測位の関連情報