コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

位置 イチ

2件 の用語解説(位置の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

い‐ち〔ヰ‐〕【位置】

[名](スル)
ものがある所。ものがあるべき場所。また、ある場所を占めること。「位置がずれる」「所定の位置につく」「青森県は本州の最北端に位置する」

㋐物事が全体の中で占める場所。「この問題は重要な位置を占める」
㋑人が置かれている状態。境遇。立場。「次期会長と目される位置にある」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いち【位置】

( 名 ) スル
物のある所。場所。 「 簞笥たんすの-を変える」 「南東に-する」
全体あるいは他との関係で占める場所。立場。 「組織の重要な-を占める」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の位置の言及

【航法】より

…航法が必要とされる理由は,第1に移動体を繰り返し同じ地点に導くためであり,第2に移動体を能率よく確実にしかも安全に導くためである。 航法のもたなければならない基本機能は,移動体が通るのに望ましい経路である航路の設定,定められた航路を進むための針路および速力の設定,任意の時間の航路上の予定点からのずれを検出するための位置の決定および環境・外乱を考慮してのずれの修正(針路・速力の変更)に関する機能である。これらの機能は,移動体が通常の船,潜水船,潜水艦,航空機,宇宙船などのいずれであっても,精度の差はあるものの必要である。…

※「位置」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

位置の関連キーワード熱いものが込み上げる比定物堅い物語る物悲しいモノガミーT字管初ものがたり花ものがたり重金属中毒

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

位置の関連情報