湑み/釃み(読み)シタミ

大辞林 第三版の解説

したみ【湑み】

〔動詞「湑む」の連用形から〕
水滴などのしたたり。
「湑み酒」の略。 「此一木の陰にて吞み懸け間もなき-露よりかろき事なれども/浮世草子・二十不孝 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android