コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源幸子 みなもとの こうし

朝日日本歴史人物事典の解説

源幸子

没年:文安5.4.13(1448.5.15)
生年:明徳1/元中7(1390)
室町時代の女官。二条殿,敷政門院後花園天皇,伏見宮貞常親王の生母,後崇光院伏見宮貞成親王の仕女。父は庭田経有,母は飛鳥井雅冬の娘。仕女とはいいながら,貞成親王の『看聞日記』をみるかぎりほかに妻に当たる女性はいないので,実質は正妻格であった。2男5女を生み,奉書発給など,宮家の勾当内侍に当たる宮務を管轄した。<参考文献>脇田晴子『日本中世女性史の研究』

(脇田晴子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

源幸子の関連キーワード脇田晴子性恵理延

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android