コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準婚 じゅんこん

大辞林 第三版の解説

じゅんこん【準婚】

男女双方に婚姻する意思があり、実質的に婚姻関係にありながら、法律上の婚姻成立の要件である婚姻届を欠くために、婚姻に準じて扱われる男女関係。内縁は、準婚として扱われる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の準婚の言及

【内縁】より


[効果]
 婚姻予約ないし内縁の法的効果については多くの問題がある。すなわち,婚姻の届出請求の可否,違約金契約の有効性,不当破棄責任,〈準婚〉的効果,第三者の責任などである。 婚姻予約ないし内縁の当事者に,相手方に対する婚姻届出請求権は認められない。…

※「準婚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

準婚の関連キーワード婚姻予約事実婚婚姻届内縁婚姻

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android