溜の間詰(読み)タマリノマヅメ

大辞林 第三版の解説

たまりのまづめ【溜の間詰】

徳川幕府が親藩・譜代の大名に対してあたえた待遇・資格。また、それを許された大名。登城の際、本来将軍が老中を謁見する場である溜の間に詰める。松平・保科・井伊などの高い格式をもつ親藩・譜代大名とともに、老中経験者が選ばれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android