コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滅多に めったに

大辞林 第三版の解説

めったに【滅多に】

( 副 )
(下に打ち消しの語を伴って)
まれにしかないさま。頻度の極めて少ないさま。ほとんど。 「映画館には-行かない」 「負けじ魂から-には屈服せず/浮雲 四迷
思慮なく行うさま。うかつに。 「気むずかしくて-話しかけられない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

滅多にの関連キーワードリフタスフェルトの文化的及び植生景観サーキットブレーカー財産評価基本通達善がる・良がるストレステストフルストールじゃによってもやい結びよぼける負けじ魂オクト折角四迷浮雲滅多泥むRR

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

滅多にの関連情報