コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滅多 メッタ

デジタル大辞泉の解説

めった【滅多】

[形動][文][ナリ]《「めた」と同語源。「滅多」は当て字》
思慮の浅いさま。軽率であるさま。「滅多なことを言って怒らせてはまずい」
ごく当たり前であるさま。並大抵。「滅多なことでは驚かない」
度を越しているさま。むやみ。
「―に高価なる洋服を被り」〈逍遥当世書生気質
(多く「めったに」の形で、あとに打消しの語を伴って)まれにしかしないさま。まれにしか起こらないさま。「滅多に外出しない」「滅多姿を見せない」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

めった【滅多】

( 形動 ) [文] ナリ 
〔「めた」 「めたと」と同源。「滅多」は当て字〕
思慮のないさま。いいかげんなさま。下に打ち消しの語を伴って用いる。 「 -なことは言えない」
しきりにするさま。やたらに行うさま。 「むやみ-になぐりつくる/当世書生気質 逍遥」 → めったに

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

滅多の関連キーワードリフタスフェルトの文化的及び植生景観サーキットブレーカー財産評価基本通達善がる・良がるストレステストフルストールじゃによってもやい結びないければよぼける滅多打ち滅多矢鱈一人腹煽てるオクト大物RR泥む折角

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

滅多の関連情報