潘廷逢(読み)はんていほう

世界大百科事典内の潘廷逢の言及

【ファン・ディン・フン】より

…19世紀ベトナムの反仏運動の指導者。中部ベトナムのハティン省生れ。1877年科挙の会試に及第しフエ朝廷に仕えたが,83年トゥドゥック(嗣徳)帝の後嗣問題に関係して官を追われ,郷里に隠棲した。85年ハムギ(咸宜)帝の勤王の詔勅を受けてハティン省のバンタン(文紳)を糾合し,フオンケに本営を置き,中部ベトナム北半の山岳部にゲリラ闘争を展開した。その将カオ・タン(高勝)がライフルを自製したことはよく知られる。…

※「潘廷逢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android