コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮越しの松 シオゴシノマツ

デジタル大辞泉の解説

しおごし‐の‐まつ〔しほごし‐〕【潮越しの松】

松尾芭蕉が「奥の細道」の紀行で立ち寄り、詠嘆した景勝地の松。現在の福井県あわら市にあった。枝が海面上にのびていて、潮をかぶるところからいう。汐越しの松。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

潮越しの松の関連キーワード松尾芭蕉

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android