潮越しの松(読み)シオゴシノマツ

デジタル大辞泉「潮越しの松」の解説

しおごし‐の‐まつ〔しほごし‐〕【潮越しの松】

松尾芭蕉が「細道」の紀行で立ち寄り、詠嘆した景勝地。現在の福井県あわら市にあった。が海面上にのびていて、をかぶるところからいう。汐越しの松。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android