コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灌仏盤 かんぶつばん

世界大百科事典内の灌仏盤の言及

【誕生仏】より

…釈迦は生まれてすぐ四方に7歩ずつ歩み,右手で天,左手で地を指さし,〈天上天下唯我独尊〉(わたくしは世の中の最勝者である)といったと伝える。その姿を銅造でかたどったものが誕生仏で,その多くは上半身を裸形,下半身に裙(くん)をまとい,灌仏盤中に立つ。誕生仏の異形として左手で天,右手で地を指さすものがあり,また木造の誕生仏もある。…

※「灌仏盤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

灌仏盤の関連キーワード誕生仏